.  .  .  . 

..

よ う こ そ
 おとぎばなし 翼の部屋
   Welcome to world of fairy tales TASQ.

        健全な青少年育成には、夢を描けるメルヘンが、

 なによりのツールです。

  通読され、あなたが面白かったら、子供にも

 読んであげて下さい。

 

   自動ヴァイオリン 1900 年初頭 (アメリカ)

 

 

道徳 4

「挨拶」わたしの思うこと

 

 私の学校では、道徳教育の柱として、「挨拶をしましょう」というのがあるの。
それに、道徳ノートなどという理由(わけ)のわからないものを持たされて、
逐一それに書かせるの。
こんなのっておかしいと思いません?
   第一、「挨拶をしましょう」なんて指導は、幼稚園か保育園の先生が云うことよ。
中学生にもなった私達に、そのセオリーについて突っ込んだ話しもなく、
只々私達に押し付けて来るのって許せないわ。
 私は、先生がさせようとしている「挨拶」は、欺瞞に満ちていると思うし、
先生自信が挨拶の何たるかを正確に把握していない証拠だと思うわ。
 私が、親友のくみちゃんの家に行った時など、「くみちゃん居る」っと云うだけで、
改まった挨拶などしないし、それでも大の仲良しで腹が立ったことなど一度もないわ。
 指導している先生逹だって同じよ。
先生の友人や知り合いが尋ねてきたときなどは、挨拶なしに話しを始めていたわ。
 だから「挨拶」というのは、親しい間柄では無用のものだと思うし、
道で遭った人に「こんにちは」と挨拶する行為は、「私は他人ですよ」と宣言し、
隔たりを確認し合っているものだと思うの。
 ほかに、「鼻を突き合わせるほど近づいても、私は貴方を攻撃する意思を
持っていませんから、安心してください。」という意味も含んでいるようです。
 いずれも距離と関係があって、物理的距離と心理的距離を縮めるために
使われているような気がするの。
 それを悪用する人もいるわ。
私が公園で知らない人に挨拶をしたら、不審がられ睨まれたし、姉は街で挨拶をされ、
高額なものを買う約束をさせられ、お金を巻き上げられたと云っていたわ。
 また、訪問販売や電話セールスなどで、長々と挨拶されると、
「ちょっと忙しいんだから、挨拶なんて後にして。」と云いたくなるわ。
 こうなれば、挨拶は両刃の剣で、この辺のところを先生はどう思っているのか、
私の方が知りたいわ。

 私は目と目を合わせ、軽く会釈するのも立派な挨拶だと思うし、
反対に言葉に出してはいても、心が死んでいて口先だけの「儀礼的挨拶」は、
本心では嘘を言っているお世辞と同じだから、相手にとても失礼なことだと思うわ。
 それより目がわらっているだけで、とても好印象だし、堅苦しい挨拶より
私はずうっと好き。
 動物にだって「挨拶」はあると思うの。
馬なんか自分の縄張りを主張するために、糞を挨拶がわりに使うらしいわ。
猿や狼社会では、「服従の態度」が挨拶を兼ねているらしいの。 
「服従」といえば、人間社会でも巧妙に挨拶で利用しているわ。
私が「おはようございます」と丁寧な言葉で挨拶しているのに、「おはよう」と
ぞんざいな調子で先生が返し、ことさら身分の差を誇示するような云い方をするの。
こんなのいやらしいとおもいません?
 「人間裸になれば、武士も町人もみな同じ」と、坂本竜馬が云ったように、
海や山の自然界の下では、「私は総理大臣だ!」と主張したところで、
鮫や熊が相手では、所詮ただの餌としか見てくれませんよね。
 挨拶からは少し脱線してしまったけれど、このように心が死んで口先だけの挨拶では
相手に失礼だし、忙しい時などにも迷惑だし、悪徳セールスに使われることもあるし、
ことさら身分の差を示すために使われることもあるし、
これらを考え合わせると「挨拶」は否定したくなりませんか。
 そんな訳で、私の学校が目差している道徳教育の柱に「挨拶」があるのは、
大人たちの無能ぶりを証明しているようなものだと思うの。
こんなくだらないテーマに固執せず、中学生にふさわしい人間の心理の奥にある
考えさせられる教材を採用してこそ、尊敬できる先生であり、大人であると思うわ。
 私たちは、尊敬できる大人を求めているの。
逆らったり非行に走ったりするのは、底が浅く無能な大人たちが、
事なかれ主義の綺麗ごとを強要してくるから、軽蔑をもし、
素直な気持ちで従う気にもなれないわ。 

最後に、やくざの親分が「ちょっと挨拶してやれ」と子分に命令するのは、
それがどんな意味か知っていますか。・・・・・くわばら。くわばら。・・・・・

 

他の作品は、こちらをご覧ください。

 

クラシック音楽や、防音関係は、こちらをご覧ください。

 

 

 

よろしかったら、感想メールをください fine


 


点描画  工藤 優飛(中2)